2010年06月01日

辻元国交副大臣が辞表提出 「社民党にも責任」(産経新聞)

 社民党の連立離脱を受け、国土交通省の辻元清美副大臣は31日昼すぎ、国交省で前原誠司国土交通相に辞表を提出した。

 辻元副大臣は記者団に「残念な気持ちがある」とした上で、「最初は不安でいっぱいだったが、国交省が変われば日本が変わると強く思った。今後は野党として質問に立ち、厳しく追及する側で協力したい」と語った。

 さらに、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、「名護市辺野古に戻る案を止められなかったのは、社民党にも責任がある」と発言した。

 辞表を受け取った前原国交相は「航空行政では、日航の再建に向けて他省庁をよくまとめられた。副大臣を辞められるのは残念。辞められた後も辻元副大臣が8カ月間まとめられたことをやり抜く」と述べ、辞任を惜しんだ。

【関連記事】
社民・福島氏 内閣不信任案に同調も「反対はなかなか難しい」
社民連立離脱 基本政策「抜き」のツケだ
社民、連立離脱しても部分連合と選挙協力を模索
「社民党は全く変わっていない」福島・重野会見要旨
【鳩山政権考】政権の視線はどこに?

川崎信金秘書室長、コニカミノルタ社員、群馬銀行員ら覚醒剤購入・所持で逮捕(産経新聞)
<鳩山首相>福島氏の沖縄訪問に不快感「閣僚としてどうか」(毎日新聞)
「文化が滅びる」――都条例「非実在青少年」にちばてつやさん、永井豪さんら危機感
公明・山口氏 「首相は月末に辞任を」(産経新聞)
熊野灘フェリー事故 「ありあけ」の引き揚げ作業開始(毎日新聞)
posted by シマ オサム at 10:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。